トップ

中性脂肪と禁煙のこと

中性脂肪とたばこのこと

中性脂肪とたばこの関係性

現代の日本は多種多様な価値観が存在している。趣味も多彩で驚くような嗜好を持った人もいる。けれども、そんな多様な価値観の中でも大衆から嫌悪されることが多く、肩身の狭い存在になっているのは喫煙者だ。

かくいう私も成人してから喫煙を始め、喫煙歴25年になる45歳のヘビースモーカーだ。周囲の冷たい視線や、飲食店などでの全席禁煙などに出くわす度に、自身の喫煙について考えてきた。けれども、同僚と話していても結局は「大きな病気でも見つからない限り、自分たちに禁煙は無理だな」と言い合って終わってしまう。

ただ、4歳も半ばを過ぎて、先日行われてた会社の健康診断でついに引っかかってしまった。中性脂肪が多いということで注意されてしまった。問診でも1日に3箱はたばこを吸うと言って病院の人に叱られた。その時に喫煙と中性脂肪には深い関わりがあると耳にしたので、中性脂肪を下げるための情報を調べていると、次のようなことが書いてあった。

“内臓脂肪の蓄積がメタボリックシンドロームの大きな診断基準となりますが、この内臓脂肪のほとんどは中性脂肪でできているということをご存知でしょうか?内臓脂肪は、中性脂肪の蓄積によって脂肪細胞が肥大している状態です。つまり、中性脂肪の値を正常にして脂肪細胞を元の大きさに戻すことが、メタボリックシンドロームを改善するためには不可欠だということです。タバコは内臓脂肪の元となる中性脂肪を増加させる作用もありますので、内臓脂肪を作らない、これ以上増加させないようにするためには、禁煙することが重要になってくるわけです。”
出典:タバコをやめて、いますぐ中性脂肪対策 | ヘルスケア大学

たばこが中性脂肪を増加させることの一因であるならば、先ずは中性脂肪を減らすために禁煙しかない。中性脂肪の多さは生活習慣病にもつながるから流石に私も禁煙を始めてみることにした。私の試行錯誤しながらの禁煙の様子、そして中性脂肪を下げる方法をご紹介します。

Copyright © 中性脂肪とたばこのこと All rights reserved